-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-07 21:26 | カテゴリ:
いよいよ手術です。

手術といっても両目で10分程度です。

手術前の検査を終えると、会計です。
何で会計が先なの
と考えましたが、理由は手術後にすぐわかりました。

お姉さん『これから1時間くらいトイレにいけませんが、大丈夫ですか?』
のり   『大丈夫です』
と、行った後すぐにトイレに行きたくなっちゃいました(笑)


さて、手術室の控え室です。
さすがに緊張してきました。

ヘアーネットをかぶり、白衣を着て、麻酔の目薬をします。

お姉さん『のりさ~ん』
のり   『は~い』
いよいよです。

ここから先は、これからレーシックやりたい人は見ないほうがいいかも。


まず最初に、眼球の表面の膜?をレーザーで円形に切り取ります。
①麻酔の効いた目に器具をつけギュっと押し付けます。
 お医者さん『は~い、押される感じしますよ~』
 のり    『ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ』
 声にならない叫びが
 押される感じどころか、めんたま潰れる
 右目を押されているんですが、反対の左目が飛び出そうです(笑)
 なぜか体が棒の様に硬直してしまって暴れることすら出来ません。
②一瞬視界が真っ暗になり、そのあと真っ白になります。
 その間に、レーザーで切るようです。
 レーザーで切った後、真っ白になって殆ど前が見れません。

次に、その状態で看護士さんに付き添われ隣の手術室に。
その部屋では角膜をレーザーで矯正します。
それで完了です。
①先ほど切った目の表面の膜を、小さなへらのようなもので
 めくります。
 のり『ぉぉぉぉぉぉぉぉ』
 ここでも声にならない叫び。
 痛くもなんとも無いのですが、さすがに眼球をへらでなでられるのは
 気持ち悪いです(笑)
②レーザーの照射。
 これはまったく問題なし。
 ただ、両目を開けないといけないのですが反対の目が
 なかなか開けませんでした。
③先ほどめくった目の表面の膜を元に戻します。
 先ほどと同じで気持ち悪い!

これで手術は終了。
すごく長く感じましたが、10分くらいでした。

この後、目薬、飲み薬、保護サングラスをもらってすぐに帰ります。
目がしょぼしょぼします。
会計を先に済ましたのは、こんな状態ではまともに支払いなんて
出来ないからでした。

家に帰る途中、麻酔が切れて目がしみます・・・
電車の中で『ぉぉぉぉぉぉ』と心の中でうなっていました。
捻挫とかの痛みは慣れているので我慢できるのですが
この痛み(しみる)のはつらい。
めんたま抑えるわけにもいかないし・・・
『ぉぉぉぉぉぉっぉぉ』
と悶絶するしかありませんでした。


これからレーシックを行う人へのアドバイス。
①帰りは出来ればどなたかの車に乗せてもらって帰る。
 電車はつらい。
②手術が終わったら、おにぎりでもサンドウィッチでもいいから
 食べて、すぐに痛み止めを飲む。
 かなり効きます。
③両目を大きく開ける練習をしておく(笑)
④手術してから最低1日は会社を休んで休養(これは決まりごと)
 なのですが、出来ればもう一日休んで休養したほうが良いです。
⑤術後安定するまで、近いものの方が見えづらくなるみたい。
 現在、僕もパソコン画面が一番つらいです。
 しばしばしながら書いています。
 仕事がパソコンメインの方はご注意を。
⑥術後、1ヶ月はダイビングできません。
 1ヶ月我慢できる人だけ手術してください。(笑)
 

※このレポはあくまで僕の体験なので皆さん同じとは限りません。
 ちゃんとお医者さんに相談してくださいね。


のり
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://chocoaki.blog104.fc2.com/tb.php/357-84650b1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。